もっとお得に太陽光発電システムを活用


もっとお得に太陽光発電システムを活用ブログ:15-07-16


わしたちの体質には、
1日約25時間という体内時計が備わっています。

体内時計が1日約25時間だと、
だんだん生活する時間がずれてきますが、
わしたちは午前中の光を浴びることで、
1日24時間の生活になるように調節しています。

光を浴びて網膜が刺激されると、
体質は「午前中」と認識して
「真夜中」の休息モードから活動モードへと切り替えます。
このようにして睡眠時間や
体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。

体内時計は、
体質の中のあらゆる機能調整に
影響を及ぼすことが分かってきています。

体質の中のさまざまな器官は
体内時計に合わせて活動しているので、
リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、
糖や脂肪を燃やしやすくするという機能が衰え、
肥満になりやすいと言われています。

また、体内時計のリズムが崩れると
真夜中眠れなくなったり、午前中起きれなくなったりします。

例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は
明かりを消したときにたくさん分泌されます。

ところが電気をつけて、
真夜中遅くまで起きているとメラトニンは分泌されず、
眠くなりません。

このように体内時計のリズムが崩れると、
体質がだるくなったり、めまいがしたり…と
体質の調子を崩しやすくなり、不健康な生活となってしまいます。

体内時計を正常に治すには…
午前中は決まった時間に太陽の光を浴びるようにして、
14時間、外に出る機会をつくり、
できるだけ規則正しい時間にご飯をとりましょう。

特に午前中食は必ずとり、早く血糖値をあげ、
1日のリズムを作りやすくしましょう。

ダイエットには
体内時計を正しいリズムで刻むことが大切ですよ!



このページの先頭へ戻る